• ヒルスの歴史
  • 商品紹介
  • ヒルスブロスコーヒー
  • モダンタイムス
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • オンラインショップ
Home > History

ヒルスの歴史

1878年のバレンタイン。ひとつのアメリカンテイストが生まれた。

オースティン・ハーバート・ヒルスとルーベン・ウィルマース・ヒルス兄弟1878年2月14日、オースティン・ハーバート・ヒルスと、ルーベン・ウィルマース・ヒルスの兄弟が、サンフランシスコではじめたコーヒー豆の小売店。これがヒルスコーヒーのはじまりです。以来、ヒルスはアメリカンコーヒーの代名詞となっています。

ヒルス家の人々は1873年頃に、造船技師長の父親とともにマサチューセッツ、メイン州を経て、サンフランシスコにやってきました。ヒルス家は元来、イギリスの出身。厳格な気質を受け継ぐ彼らは、130年程前のバレンタインデーに、コーヒーのエキスパートへの第一歩を踏み出しました。
サンフランシスコ、マーケット通り1146番地のヒルスの店は、コーヒーだけでなく、紅茶やスパイス、バター、卵なども扱っていました。荷馬車で戸口から戸口へ配達する、きわめて家族的で小規模な小売店だったのです。

世界で初めてカップテスト法を確立

店のキャッチフレーズは、「お客さまの目の前でコーヒー豆を毎日炒っています」。そして、コーヒーは炒った豆の状態で店頭に並べられていました。“形のよい豆だけがすぐれた味をもつ”と当時は考えられていたのです。 しかし、見栄えのよくない豆にもすばらしい風味があることを発見。1886年にはカップテスト法を確立しました。世界で初めての試みです。この方法は、コーヒーの上澄みをスプーンなどで試飲し、熱い時に香りや渋みを、冷めた時にクセやイヤ味を検査します。
これによって、豆の形に頼ることなく、豆そのものの品質を見極めることが可能になりました。

カップテスト

トレードマークはアラビア人。ここにも100年の歴史

トレードマークはアラビア人

ルス社のトレードマークが生まれたのも創業まもなくのことです。

ターバンをし、ひげを生やしたアラビア風の老人が、カップをかざしてすすっている、おなじみのイラストレーション————「アラビアコーヒー」の看板にぴったりのこの絵は、サンフランシスコの若手アーティスト、ブリッグスが1897年頃に描いたものです。

このアラビア人、実はコーヒーテイスターなのです。厳格なカップテストを繰り返す中から、コク、舌触り、酸味など、バランスのとれたブレンドを生み出す、ヒルスの厳しい姿勢がこめられているのです。

1905 年に商標令が公布され、その翌年にこのイラストがヒルス社の登録商標になりました。その後、少しずつ修正を重ね、現在もアラビア人のマークがヒルス社の製品を飾っています。トレードマークに秘められた100余年の歴史には、コーヒー専業メーカーとしての誇りと、よりよいコーヒー作りへの自信が息づいています。

世界初の真空缶詰コーヒー

しい世紀を迎え、アメリカは近代化への道を歩みはじめました。日々増えていった豆の配送も、これまでのように毎日炒って、すばやく届けるだけでは限界があります。炒りたての豆のデリケートな風味を変化させることなく配送するには……と模索した結果、ヒルス社では真空包装法に着目しました。コーヒーの味と香りを損なう最大の原因、酸素の混入を防ぐ、画期的な方法です。

こうして、1900年7月、世界で初めての真空パックのコーヒーが誕生しました。当時の真空パッケージは先細りの円筒型で、開缶後も空気の混入を少なくするよう、配慮してあります。コーヒー業界が真空包装を採用するのは、これから13年も経ってからのこと。当時の『ブリタニカ国際大百科事典』には「真空包装法は1900年、アメリカのカリフォルニア州サンフランシスコの一商社が使いはじめたもので、長期間コーヒーの品質を変えない効果がある」と記載されています。この「サンフランシスコの一商社」がヒルス社なのです。

真空包装法の開発・採用で、ヒルスコーヒーの配送網はいちじるしく拡大しました。西海岸一帯だけでなく、ハワイやアラスカなどへも出荷され、多くのコーヒー愛飲家に親しまれるようになりました。“コーヒーはヒルスで創られた”と言われるのも、こうした技術的裏づけがあってのことなのです。

真空パッケージの変遷

焙煎技術を革新

1920年代に入って、ヒルスはコーヒー業界のリーダーとしての地位を確立し、コーヒー専業メーカーとして歩みはじめました。そして1923年、もうひとつの変革に着手します。焙煎コントローラの開発です。これによって、焙煎の速度と温度を正確に制御することが可能になり、少量ずつの生豆を一定水準で継続して焙煎する工程が実現しました。


カップテスト法の確立にはじまり、真空パック缶の発明、焙煎技術の革新……。 今日まで継承される「レッド缶」でおなじみのヒルスコーヒーは、味にこだわり続けるヒルス社130年の伝統と、最新技術の結晶なのです。

ヒルスコーヒー看板

↑ページTOPへ